« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

クライミングウオール作成第4日

雪下ろしの仕事で作業が中断。5日ぶりに作業再開。

Securedownload1_3土台作りも終盤戦。

クライミングウオール作成第3日

雪の中、この日まではなんとか作業できた。

Securedownload1_2角度が出てきた。早くコンパネを取り付けたい。

大雪

今年は全国ニュースで大雪を報道しているが、福井は去年よりずっと少ない降雪だったが、先週木曜朝は、一晩で50cmの積雪があり、久しぶりにドカ雪になった。

Securedownload1久しぶりのドカ雪で心躍ったのもこの日まで。

2012年1月24日 (火)

クライミングウオール作成第2日

Securedownload1足場作っただけに見えるけど、ちょっとは進んだ。


今日から土台作りに入ったが、素人二人なので、一気には進まない。ボチボチいきましょう。

2012年1月23日 (月)

クライミングウオール作り初日

今日からクライミングウオールを作り始めた。初日は倉庫の片附けから。

Securedownload1_2人間の力では動かないのがたくさんあったが、文明の力で動かせた。

Securedownload1_3今日はここまで。明日は土台作ろう。







7ヶ月のそうた

ブログでそうたの成長を見れてうれしい。

P11800277ヶ月。文殊山の帰りにて。

2012年1月18日 (水)

コメダ珈琲

文殊山に登ったあと、鯖江のコメダ珈琲に行ってきた。名古屋出身のs久間さんから「シロノワール」の話を聞いていたので、ぜひ食べてみたかった。今度いつ来れるかわからないので、コーヒー、シロノワール、トーストを頼んだら、一緒に出てきて、どれも急いで食べないとダメなものばかり。シロノワールは、食べ方次第で美味しさがかわる気がした。

Securedownload1_3酸味のあるコーヒーがおいしかった。

文殊山

家族三人で文殊山(365m)に登ってきた。大村口より登る予定が、集落内の標識を見落とし、神社まで進んでしまう。もう一度集落入口から入りなおして登山口を見つけた。 そうたをおんぶして登るも、そうたは30分位でコテンと寝てしまった。小文殊、大文殊まで登る。山頂にはお堂があったが、お金を忘れたので、そうたの健康だけ願って奥ノ院へと進む。胎内くぐりを超え、奥ノ院に到着。小文殊から奥ノ院まで思ったよりアップダウンがあり、時間がかかった。今日は朝冷え込んだので、小文殊より先は歩きにくかった。10時15分に出発して帰ってきたのは13時40分。おんぶされて寝てばかりいたそうたくん、おつかれ。

Securedownload1
標高200メートルくらいが雨と雪の境界線だった。

Securedownload1_2雪道が凍っていたので、奥ノ院まで思った以上に時間がかかった。



2012年1月16日 (月)

クラーク ケント

k嶋さんとs久間さんに教えてもらった岐阜白鳥のカフェ「クラーク ケント」に行ってきた。教えてもらってから三度目だ。大野から57キロの店だが、冬でも道に雪がなければ信号が少ないので、1時間で行ける。ホットドッグが看板だが、今日はパニーニを食べてみた。美味しかった。

Securedownload1キャンピングカーだと聞いていたが、最初わからなかった。

Securedownload2パニーニ(生ハム)

Securedownload1_2
アイスエスプレッソ




2012年1月13日 (金)

困難の後に得られる喜び

岳人の記事の中で、「困難の後に得られる喜びを求めて海や山に出かける」という言葉を見た。なるほどと思ったが、喜びなら他のスポーツやビジネスでも得られると思うので、人がなぜ山に惹かれるのかやっぱりわからない。

南極のペンギン

山から下りてきた三日の夜、テレビで「日本人が好きな有名人100人」という番組が流れていた。そこで高倉健が本を出していることを知り、図書館で借りてきた。児童書だというが、大人が読んでも十分読める。その本の中に、「生き仏になったおちこぼれ」という本が紹介されていたので、早速ネットで中古本を注文した。

商品の詳細

2012年1月 7日 (土)

坂井ー大野ー和泉

山から帰ってきた翌日4日は、かずみちゃんの家でゆっくりした。5日朝、和泉で雪おろしの仕事があるので、家をでる。

P1050065かずみちゃんの実家はうっすら雪化粧している程度だったが

P1050066東へ45キロ。大野の家に帰ってみると、43cm。

P1050067更に東へ30キロ。和泉は105㎝。





« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »